第28回授業3月26日(修了式)

1.授業
修了式の前に発声練習のあと各班の重点曲合計4曲を合唱した。
発声練習は必ず「イー」からスタート、または「ハミング」からスタートすること。
早春賦(秋班)、いのちの歌(冬班)、もみの木(春班)、世界の約束(夏班)を各2回全員で合唱した。
3月26日修了式-1
2.修了式
①理事長挨拶ビデオ
②修了証書授与
春班→夏班→秋班→冬班の順番で、修了証書と皆勤証書を小澤先生から授与して頂いた。授与後各人一言挨拶をして頂きました。
・小澤先生のご挨拶
小澤先生のお父上からの言葉を大切にされており紹介されました。「受けた恩は岩に刻め、かけた恩は水に流せ」また「お金より大切なものがある。【ありがとう】という言葉は大事で、うれしいものである」。
歌は歌っていないと発声が低下する。今後も発声練習は続けて頂きたい。小川明子さん(東京二期会)の発声練習講座(YouTube動画)は、発声練習をするのに非常に良いので是非活用して欲しいとのことですので、是非試してください。
また、火曜日にコーラスを指導しているので、再開されたら希望者は参加ください。
・中森先生のご挨拶
小澤先生の一言のご指導を皆さんが真摯に受け止められ、歌声が鳥肌がたつぐらいにこんなに変わるもんだと驚いています。これからも発声練習は続けていって頂きたい。現在妊娠9ヶ月で次年度は休みますとのことでした。無事ご出産されることを祈っております。
・福永CDのご挨拶
コーダイは皆勤賞は今年度はないので、希望がありこの科で皆勤賞をつくりました。55回以上が皆勤賞、50~54回が精勤賞、49回未満が努力賞です。
この科から絶対に新型コロナ感染者を出さないという決意で、皆さんにうるさい程感染対策の徹底をお願いしましたが、お陰で一人も感染者を出さないで無事修了式を迎えることができました。ご協力ありがとうございました。
・小澤先生の独唱:サプライズで「からたちの花」を皆さんのために歌って頂きました。本当に綺麗な澄んだ声で皆さん感動していました。
・「空より高く」を全員で合唱
・最後に班毎に記念撮影して、全て終了し解散しました。
・新型コロナ禍の中で、マスクをしながら大変だっと思いますが、ご指導頂いた小澤先生、素敵なピアノ伴奏をしてくださった中森先生、サポートに全力で取り組まれた福永CD、筒井CDに改めて全員で感謝をしたいと思います。ありがとうございました。
3月26日修了式-2
*小澤先生独唱「からたちの花」

①発声練習講座

②コンコーネ50番 1番(1番から50番までありますので検索ください)

*最後にブログ担当木村より
全部で28回のブログ作成を担当しましたが、今回で最後となります。特に休まれた方のためと思い作成したつもりですが、一部の方から役立っていますと声をかけて頂きました。少しでも皆さんのお役に立てたかと思うと苦労が報われます。小澤先生から今後も発声練習は継続してくださいということですので、小川明子さんの講座を掲載させていただきました。ご活用頂ければ幸いです。新型コロナは再拡大してきており大阪は急拡大していますので、ワクチン接種まであともう少しですので、皆さん会食等は我慢し、感染防止対策を徹底されるようにお互い気をつけましょう。約7ヶ月間閲覧して頂き本当にありがとうございました。いつかお会いできる日を楽しみにしております。
スポンサーサイト



第27回授業3月19日(成果発表会)

1.成果発表会
発声練習したあと、春班→秋班→夏班→冬班の順番で成果発表会を実施した。
各班先生のコメントを含め30分間で、一人や数人のグループまたは班員全員で、今までの練習の成果を発揮しました。
3月19日成果発表会2jpg
*先生の総評:
・歌はヘタでも良い。歌って楽しいということが一番大事です。
・この科が発足して3年目になるが、今回の成果発表会が一番良かった。
・今期の3期生は、レベルが高い。皆さん一人で歌うことや外国語(伊語、仏語、独語、ナポリ語)で歌うことにもチャレンジされる方もおられ、クラシックをやろうという気概が伺えるすばらしいクラスです。皆さんを褒めてあげたい。
・習ったことを忘れずにこれからも歌って欲しい。
*成果発表会の担当リーダーの松田さんとピアノの中森先生からの挨拶
3月19日成果発表会1jpg
*修了式で合唱する課題曲(練習用ビデオ)
最後の合唱になりますので先生に褒められるように、
事前練習をお願いします。
「もみの木」

「早春賦」

「世界の約束」

「いのちの歌」

「空より高く」

第26回授業3月12日

1.授業
①発声練習:音階練習を実施。息をいっぱい出すことが大事。
*「イヨマンテの夜」(NHK朝ドラ「エール」で歌われた【男性俳優:吉原光夫さん (エール岩城さん)】を聴くとノドが開いてくる。参考になるので是非とも聞いてもらいたいそうです。以下に掲載しました。
*「イヨマンテの夜」

②発声練習曲:「夜明けのスキャット」「アベマリア」皆さん上手になってきた。姿勢は後ろに引くと良くないので、前のめりになることが大事。
③課題曲:
・「いのちの歌」(冬班の重点曲):配布楽譜だと低すぎるので、4度上げて弾いてもらっている。低音はマイクがあると聞こえるが、なしだと「響き」をいれないと聞こえない。
*声帯を休めることも大事だが、歌わないと声がでなくなる。毎日歌うことも大事。
・「世界の約束」(夏班の重点曲):メッセージソングなので歌詞をはっきり伝える必要があるので、必要なところに子音を入れて強調して歌うこと。
*修了式の日に各班の重点曲4曲(もみの木、早春賦、いのちの歌、世界の約束)と「空より高く」を合唱するので、楽譜を持参すること。
*成果発表会は、少しオシャレをして歌ってくださいとのこと。
2.クラスミーティング:
◆CDからの連絡事項:
①電気ポットは本日で終了し次週からなしです。
3月19日と3月26日は午前中で終了するので、弁当はなしです。
③成果発表会:
10:30より少し前から発声練習を実施して開始します。先生のコメントを入れて各班30分間ですので厳守ください。30分でベルを鳴らします。
各人の歌の前奏の間に入れ替わりするので、素早く交替できるようスタンバイお願いします。
・ピアノの中森先生から、各人の歌の声が聞こえにくいということなのでピアノを近づけます
各人の座る席は、そのままの状態でお願いします。
成果発表会終了後、全員で写真撮影実施。各クラスに提供される2万円を写真印刷費用に充当します。
修学旅行:オペラ鑑賞を各班単位で実施するが参加は自由です。参加人数をCDに連絡すること。難波開催もあるが16時からだそうです。チケットをCDに依頼されても良いがキャンセル返金できないので注意。
⑤修了式:
・各班の重点曲4曲を全員で合唱。楽譜持参のこと。
・班単位のアイウエオ順で修了証書を小澤先生から授与して頂きます。授与されたあと各人一言コメントをお願いします。
・「空より高く」を全員で合唱して終了します。
・新型コロナ禍なので、弁当はなしで、各班単位の会食もなしでお願いします。
◆ブログ担当より(木村):(成果発表会の写真等について)
①写真・ビデオ等はブログには掲載しない。(個人が特定されるため)
②写真撮影:CDへの要望がありましたが進行で忙しいので、各班で分担して撮影。担当については教室で決定したあとに、バタバタするので変更依頼があり、以下の担当に変更しました。(LINEでブログ担当より連絡済)、各班のブログ担当者が撮影、内海さんは欠席されているので代理をお願い。
春班(夏班が担当)秋班(冬班が担当)夏班(春班が担当)冬班(秋班が担当)。ブログ担当のグループLINEに掲載して提供する。撮影はスマホで結構で、各歌唱単位で1枚撮影
③音声録音:録音するかどうかは各班の自由椅子を準備するので、スマホか音声レコーダー等を椅子に置いて録音してください。
④ビデオ撮影:各班の自由。三脚とスマホホルダーは木村のをお貸ししますので、事前に申し出てください。約30分間連続撮影になりますので、スマホの保存容量を十分確保しておいてください。中間の画質720Pで3GB程度ですので、画質にもよりますが10GBあれば十分です。保存容量が少ない場合は画質を落として撮影ください。
*最後にいよいよ成果発表会ですね。緊張しますが他の人は気にせず、練習の成果を発揮しましょう。尚、練習し過ぎてノドを痛めないようにしてください。万全の体調で臨みましょう!!


第25回授業3月5日

1.CDからの連絡事項
①成果発表会リハーサルの先生のコメント
小澤先生の各人へのコメント一覧表を配付、本番に向かって参考にして頑張って頂きたい。
②修了式の件
緊急事態宣言は解除されたが、コロナ対策はしっかり実施するようにとの通達もあり、多人数になる修了式の会食は中止することを班長会議で決定した。弁当も不要。修了式はCDで司会進行を実施する。修了証書授与時に各人一言コメントをお願いします。
③各人の次年度の予定を、配付する一覧表に記載お願い。
④理事長との懇談会は本日13時15分から開始
2.授業
成果発表会で一人や少人数で歌唱することは大変良いことです。ドキドキしながら歌うことで自信がつく。いつも自分の実力より半歩上を目指すこと。そうするとそれが当たり前になってさらに次の半歩を目指すことになる。ゴールはない。何もかも勉強を継続していくのみ。上手く歌えなくてよい。自分の実力で楽しく歌うことが大事。
①発声練習:
音階練習とNAVAをⅠ~Ⅵまで発声した。9月に比べ皆さん各段に上手になってきている。
②発声練習曲:「夜明けのスキャット」「アベマリア」
皆さんの声が揃って一本になっている。このクラスは凄いと思っていると褒められました。
③課題曲:
春班重点曲「もみの木」:低音パートと高音パートに分かれて練習。
秋班重点曲「早春賦」:低音と高音があり難しい。高音部分は腹筋を入れ、北半球に発声を当て背筋も使う。一番大事なのは中音部分(80%を占めるため)。上半身をリラックスして歌うこと。
3.クラスミーティング
①理事長との懇談会(なにわの宮会の方3名も同席):
・SAILの説明:海外の若者とアプリを通じて日本語で会話する仕組みで、日本の方はシニアが対象で経験や知識が豊富であるため。皆さんも参加してくださいとのこと。
・コーダイの公式LINE:コーダイからの情報をスピーディーに発信しているので参加お願い。
なにわの宮会の活動内容:川柳の募集、教室訪問、受講生の歓迎会、高大のイベント時の物産店、大災害時の募金活動など。
・OKALS-Vの説明:理事長より、コーダイの基本方針である。OsakaKoudai Advanced Leaning System Supported by Volunteasの意味。今後はオンラインを通じて伝達していく予定。
・最後に理事長との質疑応答があったが省略(CDさんからの報告を参照ください)
②CDより、:
修了式用に本部より支給される2万円の活用について次週班長会議で検討する。
③ブログ担当より(木村):
・成果発表会のビデオ撮影・写真等について、各班で撮影方法や録音なども含めて、班長中心でどうするのか検討してもらいたい。各班毎にスマホやガラケイなどの保有状況が違うので、各班の状況に応じた対応で実施して頂きたい。三脚は準備。
・写真やビデオ撮影のテスト結果:授業終了後に撮影テストを実施した結果、逆光なのでカーテンを閉めて撮影したが、光量不足で暗くて撮影不可。強いライトが必要、または暗い所で撮影できる高機能一眼レフカメラやビデオカメラ等で撮影しないとダメであるという結果になった。よってカーテンを開けて逆光状態で撮影するしかないと現状では判断している。逆光なので、写真やビデオは顔などが暗くなり綺麗な状態での撮影はできないので、この点も考慮して班単位でどうするか検討して頂きたい。録音のみであれば各班でスマホや音声レコーダーなどで録音可能なので最低録音は実施可能と思います。参考までに【春班の対応】は、斜めから(少しですがましなので)三脚でスマホでビデオ撮影予定(約30分間)。画像はよくないですが、録音も兼ねられるのでビデオ撮影予定です。編集ソフトで各人毎に分割しLINEで送付する予定です。
*重点曲練習用ビデオ:(次週課題曲なので練習しておいてください)
・【世界の約束】(夏班重点曲)

・【いのちの歌】(冬班重点曲)

第24回授業2月26日

1.CDからの連絡事項
・楽譜は著作権の問題がありコピーは厳禁です。
・成果発表会のリハーサルはピアノ合わせ中心で実施します。時間の関係もあり、小澤先生の指導はほとんどなしでお願いします。
2.授業(午前)
今回は藤田先生の授業の進め方で2時間実施するとのこと。
①柔軟体操:体の力を抜くことが大事で柔軟体操を実施。
②素早くブレスする方法
「スー(吐く)」「ハー(吸う)」を素早く繰り返す「スー」は口を尖らす。息を吸う時は、肩が上がらないように注意し、お腹を引っ込める。みぞおちではなくベルトラインより下を引っ込めること。
③声を響かせる方法
・【ハミングの方法】:元気よく窓の向こうに向かって、手を付けて頭の後ろから前に投げる動作をすると良い。
・【声を響かせる練習方法】:鼻と唇の間に息をあてる。「ヴィー」(下唇をかむ)と発声する。鼻の下に両手の人差し指を置き発声する。(下記の写真参照)
口を閉じたハミング「ウー」から連続的に徐々に口を開けて「アー」と発声する。
④音階発声練習:息を流しながら「ウェ」「ウェ」・・・、「ア」「ア」・・・・と音階で発声。息が前に飛んでいくイメージで発声する。
⑤高音発声練習方法:息を流したら勝ってに高音が出てくる。頑張って「ギュー」と声を絞って出すのはダメ。後ろから振りかぶって回し前に出すイメージ。高音は訓練で拡張できる。低音は無理。
「今山に」→「イ~マヤ~マニ」と発声し(下記音源を活用下さい)、徐々に高音を出していく。半音階ずつ徐々に上げていくと良い。力が入っていない声が大事。口の中はタテに開け、卵が入っているイメージ。「ハーアー」の発声は頬骨が上がる(軟口蓋を開けることが大事)。
⑥発声練習曲:
「アベマリア」:高音部分に入る前に準備しておくことが大事(戦略的に歌う)。息を吐ききって、しっかり息を吸い込んでから、高音部に入ること。息を吐き切ると勝手に息が吸い込まれるので、息を吐き切ることが大事。
⑦課題曲:
・「千の風になって」:低い音は無理に出さないで息をしっかり出すこと。1小節を一つのフレーズとして流れで歌う(一番高い音を強調して歌わないこと【なかないでください】の【で】)。
・「サンタルチア」:日本語とイタリア語(一番のみ)で歌唱。明るく歌うことが大事で、笑顔(頬骨を上げる)で歌うこと。一つのまとまりの単位で歌うこと。
・「巻き舌の練習方法」:「R」の発音が巻き舌になる(短いものは巻き舌はしない)。巻き舌は舌を持ち上げ、息を生きよい良く流しながら「ルル・・・」と発声し舌が息で揺れるイメージ。
⑧藤田先生と小澤先生のデュエット:「乾杯の歌」を歌唱して頂きました。あまりの素晴らしさに皆さん感動され拍手喝采でした。録音を下記に添付しましたのでお聞きください。
藤田先生の授業は楽しく非常に参考になったと皆さんの評価でした。
*高音発声練習方法音源(高音発声練習に活用ください)
*乾杯の歌(藤田&小澤先生)【教室録音版】


2月26日授業-1
3.授業(午後)
①CDからの報告
・3月度の予定表の補足説明:3月5日は春班(もみの木)秋班(いのちの歌)を重点曲で練習。3月12日は冬班(早春賦)夏班(世界の約束)の重点曲を練習する。3月5日の13時から理事長と懇談会実施(約1時間の予定)。
・修了式の件:授業終了後に班長会議を実施する。
②成果発表会のリハーサル
春→秋→夏→冬班の順番で実施した。今回はピアノ合わせが中心で小澤先生の指導は個別にはなし。
小澤先生の総評:外国語(仏語、独語、伊語)で歌った方がおられ、凄いと言われました。1番だけでなく2番も歌うと調子が出てくるので検討下さいとのこと(時間の許す範囲内で)。歌いにくかった方は、地声で発声しているので北半球を使うこと。約60%の方は空気が出ていない。この点に注意して本番を頑張って頂きたいとのことでした。
・CDから:ピアノの音が勝っているので、本番は少し抑えて弾かれるよう要請したとのこと。
*成果発表会リハーサル
2月26日リハーサル
*課題曲練習ビデオ(次週の重点曲)
「もみの木」(春班の重点曲)

「いのちの歌」(秋班の重点曲)